So-net無料ブログ作成
検索選択

近藤洋介 (政治家)

近藤 洋介(こんどう ようすけ、1965年5月19日 ‐ )は、日本の政治家。衆議院議員(3期)。アメリカワシントンD.C.出身。経歴1965年5月19日、ワシントンD.C.で出生。父は自民党の衆議院議員、近藤鉄雄(元労相、経企庁長官)。祖父は元労働大臣の野原正勝。出生地は父が官僚時代の派遣先米国で生まれたため。母方の祖父は衆議院議員野原正勝(元労相、旧岩手1区)。1984年に山形県立山形東高等学校を卒業。1988年には慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。日本経済新聞社に入社し11年間勤務した。日本経済新聞社では編集局産業部(「産業部の宝」と言われた)、同経済部に所属し、機械、化学、貿易など産業界、日本銀行、経済産業省などを担当した。1999年に日本経済新聞社を退社した。2000年6月25日の第42回衆議院議員総選挙に山形2区から無所属で出馬し落選した。2003年11月9日に行われた第43回衆議院議員総選挙では、山形2区から民主党公認として出馬し、遠藤武彦に小選挙区では敗れ、比例区からの復活当選で初当選した。2005年9月11日の総選挙に同じ山形2区から民主党公認として出馬し遠藤武彦に敗れ、比例区で復活当選した。2006年9月、当選2回生ながら次の内閣・経済産業大臣に就任し、2007年8月31日まで務める。2009年の総選挙で初の小選挙区で当選。選挙後に誕生した鳩山由紀夫内閣成立にあたって、経済産業大臣政務官に就任。人物専門は経済政策で、164回通常国会では衆議院の経済産業委員会、行政改革特別委員会に所属した。三井住友銀行の独占禁止法違反事件、官製談合問題、日本銀行の福井俊彦総裁による村上ファンド拠出金問題などを鋭く追及するなど、若手の論客として活躍した。民主党内の外国人参政権に反対もしくは慎重な議員で構成される永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会に参加している。また『ニュースプラス1』の「爆論 言わせてもらうぞ」、『ビートたけしのTVタックル』などの出演番組も多数存在した。著書『日米貿易摩擦ミクロの深層』 日本経済新聞社、1989年10月。ISBN 9784532089139『官僚 - 軋む巨大権力』 日本経済新聞社、1994年7月。ISBN 9784532143084関連項目民主党国会議員一覧野田佳彦前原誠司近藤鉄雄外部リンク民主党山形県総支部連合会近藤洋介

<衆院予算委>「秘書兼職やめては」 経産相「考えさせて」(毎日新聞)
岡田外相、閣議後取材応じず「一部記者しか参加できない」(産経新聞)
北海道の飼料会社で溶接作業中に爆発、7人病院へ(読売新聞)
「法的決着」重ねて表明=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
2次補正、きょう午後に成立(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。